戦略的ポジショニング釣法

戦略的ポジショニング釣法
Strategic positioning fishing method


管理釣り場でフライフィッシングになれた人が次に進むステップとしてお勧めなのが湖でのボート・フライフィッシングです。ボート・フライフィッシングの良いところは、周囲に障害物がないので、トリックキャストをしなくても何気兼ねなくキャスティングができるので、初心者向けです。ただ、風が強いことが多いので、キャスティングの基本ができることが好ましいです。ボートの上でのキャスティングはバランスの点でちょっとしたコツも必要です。また、ロングキャストが釣果を伸ばすので、ロングキャストができるようになっておくとよいです。竿とリールはこちらを参考ください。ラインは4xか2xを使うことが多いです。(私はいつも大物狙いです)他は普通の仕掛けです。

湖でのボート・フライフィッシングの最大の魅力は大物と出会える確率が高いことです。とはいっても、そもそも湖は管理釣り場よりハードルが高く、簡単には釣れませんし、大物ともなれば、方法が合致しなければ釣れません。釣りはいつでもそうです。腕や経験ではなく、方法が合致することで釣れます。腕があったほうが、合致する釣り方をいろいろやりやすいということです。但し、初心者でも方法が合致していれば、釣れる確率はかなり上がります。初心者でも釣りやすい状況を意図的に作れば釣果は上がりやすくなります。

そこで今回ご紹介するのが、初心者でもかなりの確率で釣果が上がる方法です。戦略的ポジショニング釣法と名付けました。

湖のボート・フライフィッシングで一番ポピュラーなターゲットはニジマスです。ニジマス回遊魚なので、たくさん回遊する場所にキャスティングすれば釣りやすいです。しかも、お腹をすかせたやる気があるニジマスがたくさんいる場所を意図的に作れたらもっとたくさん釣れます。それが戦略的ポジショニング釣法です。なお、ここで書かれている内容は自己責任で試してください。自然が相手ですので絶対はありません。釣れなくても、その他何かがあっても自己責任でお願いします。

さて、お腹をすかせたやる気があるニジマスがたくさんいる場所を意図的に作る方法は以下です。

名称未設定-1

ニジマスは回遊魚ですので、お腹が減るとぐるぐる回遊します。とくに餌が流れ込んでくる川の流れ込みの場所を目指すケースが多いと読んでいます。その時に、ニジマスの進路上にボートがあれば、避けて通るはずです。また、岸際ではなくかけ上りに沿って川の流れ込みを目指すはずです。岸際はニジマスにとってもリスクがあるのです。そこで、上の図のような場所にボートを固定することで赤い丸の場所にニジマスがたくさん通る場所をつくります。そこに、集中してキャステイングすることで、釣果がアップします。その時に岸側が人気がなければよりよいです。また経験上、湖のニジマスはその時によって食欲が出る色が違うと思うので、フライのカラーバリエーションをたくさん用意して、順番に試していくと、あたりフライがあるはずです。あたりフライが見つかれば、ひたすら大物を狙って釣り続けるだけです。ニジマスは回遊魚なので、場所を変えていく必要はありません。一度釣れた場所があればずっとその場所でいいです。

私はこの方法で、毎回大物を釣り続けています。私の釣果実績はこちらをご覧ください。

もしこの方法を試そうと思う方がいれば、最後に一つアドバイスを。釣りに行く日は晴れが続いた曇りの日の平日が一番釣れます。雨があると湖が濁り、視認性が落ちる為、フライは不利です。曇りのほうがラインが見えにくく、ちょうどよいです。また、平日のほうが人が少ないので、魚の緊張も低く、自然を満喫できます。フライフィッシングは人が少ない自然の中でやるから、美しく楽しいと思ってます。

よかったら是非試してみてください。それでは楽しいフライフィッシングを♪

Share Button
PAGE TOP