沖縄で2.3mのバショウカジキを釣る

少し前に80㎝の野生のイトウを釣りすっかり釣り吉三平の路線ができてきている私ですが、沖縄に行く機会があったので半日だけのカジキ釣りにチャレンジすることに。今年の釣り納はカジキ釣り!

船長さん「本当にカジキ狙いでいいですか?」

私「はい」

船長さん「カジキが釣れる確率が高いポイントは遠いので、午後半日の釣りですが、往復4時間かかるので、現地ではワンチャンスになりますが、いいですか?」

私「はい、お願いします。」 気合十分!

カジキ以外の魚は釣ったことがあるのでカジキを釣りたい!

そんな思いで、カジキトローリング船をチャーターし、沖縄からかなりの距離を南下することに。

レクチャーを受け、出船! カジキトローリングのラインはとにかく太いです。まるでロープの様。

幸い海は穏やか。風も暖かく、とにかく気持ちいい。沖縄は12月下旬でも20度もあるので、暖かいです。でも帰りは日が沈むので防寒具は忘れずに!

ルアーは30㎝もあり、リールも大きいです。子供のころに釣具屋さんで憧れた大型のリールが、いきなりジーーーーーー!と鳴る!カジキが跳ねる!船長さんが「カジキだ!ハーネス装着!」と号令をかけ、ハーネスを装着。ファイティングバーに腰を固定!船長さんがロッドをファイティングバーに刺し、ハーネスをリールにつける、そしてファイティング開始!

カジキはフックオフしやすいので、とにかくラインをたるませないのが重要です。走れば耐え、走りが弱くなれば、ホッピングでこっちを向かせ、リールを巻くの繰り返しで約10分のファイティング。

日ごろ鍛えていた甲斐がありましたw

釣り上がったのは2.3m 30㎏のバショウカジキ!

この時期のバショウカジキとしてはまぁまぁのサイズだそうですが、抱きかかえてみるとやっぱりデカイ!

ちなみに記念に撮影した時に、カジキを抱っこするので、洋服は魚臭くなりますよ!恐らく洗濯しても匂いは取れないので、捨ててもいい服を着ていくのが正解かも。釣り用の服ならOKです。

さて、今回チャーターした船は沖縄の鶴丸さん。
とても良かったですよ!ありがとうございました!

当日のビデオも公開されてます。

鶴丸さんについては以下をご覧ください。
http://kajikitsuri.com/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人気記事

PAGE TOP