今年二回目の奥日光菅沼 48㎝を筆頭に3時間で4匹でした。

前日も当日も雨が降っていて、水が濁っていないかと心配でしたが、相変わらず菅沼の水はクリアでした。

濁っても釣れるのですが、湖のフライフィッシングはどうしても濁りには弱いのです。

菅沼はルアーより断然フライが釣れる沼です。このブログで何度も書いていますが、菅沼は沖にボートを止めて、そこから岸にキャストするのが基本ですが、ルアーだとどうしても根掛りしてしまい、釣りにくいのです。ただ、水が濁った時は音が出るルアーが良いです。

さて、今日もいつもの場所に陣取り、フライをキャスト、一頭目から48㎝のニジマスが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はオリンパスの防水カメラを持ってきたので、雨でも問題なく撮影できてます。

このカメラホント買ってよかったです。

この時期の菅沼は肌寒いです。ただ、菅沼で大物が一番釣れるのは9月から10月です。

大きなニジマスをフライで釣りたい方は、是非狙ってみてください。

ボートで立って20m以上のロングキャスティングができる人は、釣果が上がりやすいです。

やはりボートから近いより、遠いほうが釣れます。

さて、私の釣果は48㎝のニジマスを筆頭に40㎝オーバーのニジマスを4匹釣り11時に納竿しました。

午後からはいつもの通り仕事仕事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 河口湖に釣りに行ってきました。河口湖で将来の夢をはせるw

  2. 大物イトウを初心者が釣る方法

  3. フライフィッシング・ライフ計画を立ててみる

  4. 今年2回目の奥日光釣行で66.5㎝のニジマスを釣る

  5. ペン型ロッド(ペン竿)にフライリールを装着し、キャスティングしてみた

  6. 久しぶりのフライフィッシング釣行 ~奥日光菅沼~

  7. 木崎マスを追う

  8. 奥日光でニジマス70㎝オーバーを狙う【今年最後の挑戦】結果は62㎝

人気記事

PAGE TOP