レイクトラウト狙いのレイクトローリングは上級者向けのマネーパワーが必要な釣り

「レイクトラウト狙いのレイクトローリングは上級者向けのマネーパワーが必要な釣り」と先日かったこのムックに書いてありました。このムックはレイクトローリングでレイクトラウトを始めるにとにとっては写真が多く、良い本だと思いました。なんとなくの感覚が分かるというか、土地勘を作る支えになりそうな本でした。

※NIKKO FISHING method.vol.1(https://www.amazon.co.jp/dp/4990944402/

そもそも、中禅寺湖のエンジンボートは全て小型船舶免許の取得が必要です。そして、ちゃんとやろうと思えば、一台20万から50万円くらいの魚探がほしいところです。リールや竿で1セット10万円くらいになりますし、ルアーもMakiルアーやシェルスプーンなど、1個1万円から2万円のものが必要らしいです。もちろん、安いルアーでも釣れることがあるとのことですが、ベテランの人はやはり釣れる高いルアーを使うようです。

そして前回も書きましたが、レイクトローリングは結構難しいです。難しい理由は立体的な戦いだからです。フライの場合は比較的平面なのですが、トローリングの場合は、広さと深さの両方が大きいので、読み方と流し方のバラエティーが広いところだと思います。

ただ、このムックによると「パターン」があるとのことでした。ちなみに、このムックには流し方のコースが書かれていたのでとても参考になりました。興味がある方は1冊持っていても良いのではないでしょうか。

批判を覚悟で書きますが、この釣りは難易度が高く、お金がかかる釣りというのがとてもいいです。しかも中禅寺湖はボート持ち込み禁止で、ボート代も結構高いです。それにより、レイクトローリングをする人の数があまり増えず、場があれないので嬉しいです。

安価にできる釣りだと、人口比的にどうしても心無い方が多く入ってきて、雰囲気が壊れることがあります。

レイクトローリングはなかなかそうはならないような気がしていて、よかったです。なので、中禅寺湖のボート持ち込みが解禁にならないことを私は期待しています。

中禅寺湖の巨大レイクトラウトを狙う、レイクトローリングはお金持ちの趣味のままでいいなって思ってます。

ただ、もう少し高くてもいいので、良いボートをレンタルできると嬉しいですww

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. やばいなぁ50㎝オーバーのニジマスを釣ってもグッと来なくなりました

  2. 今年二回目の奥日光菅沼 48㎝を筆頭に3時間で4匹でした。

  3. 琵琶湖固有種「琵琶鱒(ビワマス)」初挑戦で50㎝オーバーを釣る

  4. キター!中禅寺湖で80㎝のレイクトラウト! 火が付きました。

  5. 30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた

  6. フライフィッシング・ピンバッジコレクション

  7. 新しいフライロッドテスト釣行

  8. 奥日光でニジマス70㎝オーバーを狙う【今年最後の挑戦】結果は62㎝

人気記事

PAGE TOP