第二回フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

少し前に、フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに再挑戦してきました。

結局5時出船となりました。今回もレーク岡甚さん。たぶんこれからもずっとここかな。水温は6.5度。諸先輩方は既に出船済みで、私は結構のんびりな感じになりました。

トローリング用の竿は2本持ってますが、まずは1本でちゃんと釣りができるようにと慣れることを目的にチャレンジしました。

今回は前回の反省を生かした新しいタックルで挑みました。

150yのレッドコア18LBの先に、2号のラインを20mつなぎ、その先にリップ無しのフローティングミノーとダンシングジャックのLサイズのフックを接続したものです。

ずる引きが良いとのことで、15m前後の水深のところをずるずるとレッドコアを引きずってました。ダンシングジャックは全く根掛かりせず、とても優秀です。それにしてもずる引きはラインやルアーに藻が絡むので大変。岸によりすぎるとショアのフライマンの方々に怒られてしまいます。かといって沖目だとずる引きできないし、、、ということで操船で格闘してました。5時から6時間ずるずるずる引きしてましたが結局、あたりが一回もなく、ひたすら操船練習とレッドコアの扱いの練習が続きました。まぁそれはそれで結構いいんですけどね。もともと練習をするために人が少ないこの時期を狙って中禅寺湖に来ています。

また藻が絡んだようだ、、とレッドコアを引き上げ、ラインを手で手繰り寄せようとしたとき「ガンガンガン!」と強烈な引き、ラインが一気に出ていきます。とりあえず合わせなければいけない!と思った私はラインをつかんでしまい「プッ」とラインブレイクさせてしまいました。なぜ竿で合わせなかったのか、、、まぁ、手元にラインが残っていたので竿で合わせても合わなかったような気もしますけど、、、ということで、ばらしました。

ん?レイクトラウトはずる引きが良かったのでは?今回は結構上で食ってましたよ!! ボートやさんに聞いたところ「浮いているレイクトラウトもいる」(通称:沖レイク)とのこと。

そうであれば、岸際のずる引きはもうやりません。私の腕ではまだ早い。ということで、次回は沖レイクを狙う釣りに変えます。ラインを10mの5号に変えて、スイベルたっぷりのドジャーを付けて沖目の10mから15mを引きまくります。そのほうがトロリングっぽいしw しかも、その層は藻がないので、メンテも楽そう。ただ、ルアーが高いんですよね。1個1万円くらいするので、、、でもそのほうが釣れるとのこと。

次回は新しいタックルでチャレンジ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 大物イトウを初心者が釣る方法

  2. 今年も70㎝オーバーのニジマスを求めて奥日光に行きました(初日)

  3. キター!中禅寺湖で80㎝のレイクトラウト! 火が付きました。

  4. 奥日光で67㎝のニジマスをフライフィッシングで釣りました。

  5. 琵琶湖固有種「琵琶鱒(ビワマス)」初挑戦で50㎝オーバーを釣る

  6. ペン型ロッド(ペン竿)にフライリールを装着し、キャスティングしてみた

  7. 徹夜明けの釣り

  8. 新しいフライロッドテスト釣行

人気記事

PAGE TOP