ペン型ロッド(ペン竿)にフライリールを装着し、キャスティングしてみた

ペン竿でフライキャスティングをしたくなり、フライキャスティングができるペン竿を作ってみました。

使った材料は以下です。

ダナイブロス ロケッティア(竿として使います。ペン竿で一番ガイドがしっかりしていて穴が大きい。)

King Flyミニペン フライフィッシングロッド携帯用ポケット アルミニウム合金釣りロッド(金属でちゃんと作られているリールです。リールだけ使います)

適当なフライライン。端っこがループになっているものが使いやすいです。コツはフライラインの先っぽではなく、後ろのほうがラインの太さが細いので、飛びやすいです。

これらをつなげるだけで、以下の動画のようにキャスティングができるフライロッドができます。やってみたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 奥日光で65㎝のニジマスを釣りました。

  2. 一碧湖で1mオーバーの鯉を追う。その二:ついに大物きました!!

  3. 奥日光で67㎝のニジマスをフライフィッシングで釣りました。

  4. 久しぶりのフライフィッシング釣行 ~奥日光菅沼~

  5. 30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた(シーバス編)

  6. 奥日光でニジマス66㎝を釣り上げる。今回も半日の夏休みでした。

  7. 琵琶湖固有種「琵琶鱒(ビワマス)」初挑戦で50㎝オーバーを釣る

  8. フライフィッシング・ライフ計画を立ててみる

人気記事

PAGE TOP