子供にも大物を:豊洲のシーバス

さて、今回はフライではなく、ワーム釣りで子供でも簡単に大きなシーバス釣れる方法をお教えします。

夏休みの思い出にいかがでしょうか? 是非参考にしてください。

場所は豊洲ららぽーとの前です。ららぽーとの前に船着き場がありますよね。そこを左に進み、釣り可能な場所まで行きます。釣り可能な場所は左側の突き当りから先になります。(L字のところに看板が出てますので確認ください)豊洲ララポートの前のところは歩きやすいですし、ららぽーとにはトイレもありますので、子供連れにはぴったりです。

まず釣る日程から決めましょう。釣りをする日程は「大潮カレンダー」を検索し、大潮の日を選ぶと釣れやすいです。

時間は夜がいいです。人も少ないですし、シーバスの活性が上がります。

釣り道具は、どこでも売っている海釣り用のリール竿セットで十分です。糸は3-4号くらいがいいです。その先にオーナー(OWNER) メバル弾丸夜光 JH-83 1.0g #8を 結んでください。そして、その針にマルキューパワーイソメ極太(ピンク)をつけて、針先から3㎝くらい垂らしたところで切断して出来上がりです。パワーイソメはゴムでできているので、触っても気持ち悪くないです。

あとは、波止場のへり際に、そのパワーイソメを落としていき、そこについたら、人巻き位して止めます。その後、たまに竿先をちょんちょんと揺らして、また止めて、しばらくしてアタリがなければ、横に移動して同じことを繰り返すだけです。

魚がいれば、パワーイソメを加えて走るので、すぐにわかります。あとはリールを巻いて手元に寄せてください。

シーバスはかなり引きますので、十分楽しめます。

さて、最後に大きな問題があります。その波止場は水面から2m近く離れているので、3m近く伸びるたも網が必要です。たも網がないと陸にあげられないので、予め買っておいてください。

さて、釣った後、食べたいという方もいると思います。東京湾もだいぶ綺麗になり、食べられるようになりましたが、海の底にいるシーバスは食べても美味しくないといわれています。今回の釣り方はそこのイソメを食べるシーバスを釣る方法なので、食べても美味しくはないと思いますよ。

さて、このシリーズは今後私も改良していきますので、続報を期待してください。

それではまた~(o^-‘)b

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 今年も70㎝オーバーのニジマスを求めて奥日光に行きました(初日)

  2. 半日だけの夏休み:日光で64.5cmのニジマスをつりました

  3. 奥日光でニジマス66㎝を釣り上げる。今回も半日の夏休みでした。

  4. 今年2回目の奥日光釣行で66.5㎝のニジマスを釣る

  5. フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  6. トロントでのフライフィッシング 2日目

  7. 今年4回目の奥日光釣行

  8. Fly Fishing 2008

人気記事

PAGE TOP