3本のペン竿を買ってみて。やっぱり最高峰はダナイブロス。

このブログの読者はそもそもペン竿が何かわからないと思います。

ペン竿はたたむと万年筆の大きさくらいなりますが、伸ばすと1メートル以上になるペン型ロッドのことです。

14021577_1268641979812528_5392855509413412690_n-thumb-autox267-16687写真のようにスピニングリールや太鼓リール、フライリール、延べ竿パターンなど様々なものがあります。

品質が良くないものも多いようで、結構当たりはずれがありそうです。

ちなみに、左の写真はダナイブロスのものではないのですが、それなりに使える面白い竿でした。

ペ ン竿はスプールが小さいので、糸のよれができやすいです。それゆえにPEラインが良いという話がネットにでてましたが、実際にPEラインでもよれて、絡 まってしまいました。今度はナイロン糸でも試してみようと思いました。(よれ方がナイロン糸のほうが、直しやすい気がします)

知人からはダ ナイブロスがいいという話を聞いたので、ダナイブロス ロケッティアも買ってみました。二つを比べてみると、ダナイブロスのリールも竿も、しっかりできて いて、メカとして使える感じがします。実際にルアーを投げてみると、飛距離に大きな差が出ます。ダナイブロスはよく飛ぶコンパクトロッドという感じです。

通常のペン竿がリール付きで3千円くらいに対してダナイブロス ロケッティアは1万2千円なので、差が出るのは当然ですよね。

ペン竿で実際に釣ってみたいと思う方には是非ダナイブロスをお勧めします。ただ、あくまでペン竿として優秀なだけで、普通に釣りたいのであれば通常のタックルのほうが優秀ではあります。あくまでしゃれで使いたい方にはお勧めという感じです。

ただ、ペン竿は超ライトタックルですので、釣れると相当面白いです。

さて、先日の野守の池 釣行では、ダナイブロスの竿がブルーギルを爆釣してました。魚の引きがダイレクトに伝わるので楽しいです。今度は奥日光の湖でも試してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 幻と言われた木崎マスを追う

  2. フライフィッシング・ピンバッジコレクション

  3. 奥日光で65㎝のニジマスを釣りました。

  4. 手取川鮭釣り(サーモン フライフィッシング)二日目

  5. 半日だけの夏休み:日光で64.5cmのニジマスをつりました

  6. 奥日光釣行今年2回目 5回ばらしの60㎝を筆頭に3匹の釣果w

  7. フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  8. Fly Fishing 2008

人気記事

PAGE TOP