1メーターオーバーの鯉を狙って夏の榛名湖に釣りに行きました。(榛名湖用特別仕掛けと対策あり)

メーターオーバーの鯉を狙うといっても、未だに最高記録が75㎝なので、まだまだな状況です。

先日仕事で軽井沢に行く予定があったので、その帰りに前回フライでバス釣りをボートで狙い、見事坊主に終わった榛名湖によることにしました。

釣り始めたのが16時~で、日暮れまでの2時間の釣りになりました。

用意したのは10号のオモリの先に伊勢尼12号を2本付け、その針にパンを丸めて針先を出した、多摩川や一碧湖で実績のあるやり方です。鯉釣りは昔からやっているので、まぁ大丈夫だろうとタカをくくって、ぶっこみ仕掛けで30m先に投げ込んでいました。

ハンモックも持ってきたので、ハンモックに揺られながら榛名富士を見てのんびり当たりを待ちました。

30分おきにエサを付け替えていたのですが、あたりは全くなし。

自分なりに分析したところ、以下が敗因と思われました。

1.水草が多いので、ブッコミやすい込みは水草の中に埋もれてしまい、鯉がエサを見つけられないはず。

2.相当な遠浅なので、キス釣りなどの遠投用のオモリで遠くに飛ばしたほうが良かったかも。

3.相当な遠浅で、水がクリアなので、岸際に陣取ると、鯉が警戒したはずです。林の中に隠れておけばよかったです。

4.魚影が少ないように思えたので集魚力を上げたほうが良いかも。

上記の分析による、対応策は以下です。

A)ポップアップのカープベイツで、水草の上にエサが浮くようにする。カープベイツは集魚力が高いものにする。

B)キス用のジェット天秤で遠投できるようにする。ジェット天秤は針金の天秤なので、重りが水草の中に沈みにくいはず。

C)ガルプ漬けにしたミミズのワームを一本針につけ、カープベイツの仕掛けに接続し、そのワームが浮くようにスチロールの小さな浮きもつける

D)陣地は林の中にし、コーヒーでも沸かしながらじっくり待つ

1か月後に再挑戦します。結果はお楽しみに~。

13906897_1258531787490214_7931290898638721121_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 木崎湖で幻の木崎マスを追いかける 3回目 またも撃沈

  2. カナダでキングサーモンを釣る。オンタリオ湖現時点最高記録29.5ポンド(約1メーター)も釣れる

  3. 二級小型船舶操縦士(湖川)を取得しました

  4. 奥日光で67㎝のニジマスをフライフィッシングで釣りました。

  5. 手取川鮭釣り初日、大物をかけ、5分ほどやりとして手元まで寄せるも、逃げられました。初日釣果1匹。しか…

  6. 今年4回目の奥日光釣行

  7. 徹夜明けの釣り

  8. 半日だけの夏休み:日光で64.5cmのニジマスをつりました

人気記事

PAGE TOP