トロントでのフライフィッシング 2日目

13615241_1237771686232891_1272308080330327092_nマイクロソフトWPCに参戦し、今日も早朝ちょっと釣りをしています。朝4時に出発し、5時30分に釣り場につき、2時間釣りをして10時にはホテルに戻ってくるスケジュールです。

二日目は初日の反省を活かし、「もっと釣れる場所があるのでは」と考え、調査した結果、Upper Grand Riverに行くことにしました。

初日の釣りで、若干水質の悪さを感じておりました。そこで、ブラウントラウトが棲む場所はもっときれいな水であるイメージがあったので、いろいろ調べました。

そこで、見つけたのが以下のサイトになります。

http://flyfishontario.ca/ontario-fly-fishing-rivers/southern-ontario-fly-fishing-rivers/grand-river-access-point-from-shand-dam-to-elora-gorge-ca.html

このサイトのすごいところは、Googlemap上にポイントと駐車できそうなスペースがするされていることです。

ち なみにUpper Grand Riverは整備された釣り場ではなく、自然の川まんまなので、どこから川におりていって良いかわかりません。「P」と書いている場所は駐車場ではなく、 駐車しても怒られない場所で川に降りていく場所があるということでした。実際にいってみると近くには、獣道というか釣り人が踏み分けた獣道のようなものが ありますので、そこから入っていくと川に降りられました。それ以外の場所は崖だったりして、川に降りていくのは不可能な場所が多いように思えます。「P」 の場所から川に降りていって、川をさかのぼったり、下りたりして様々なポイントに行く感じです。(ウェーダーは必須です)

サイトがなくなる可能もあるので、Googleマップの原版を以下に張り付けておきます。

更にUpperGrandRiverのハッチ状況をまとめたページもありましたので、その表とリンク先も記載しておきます。これを見ることで、どのフライを持って行けばよいか大よそ見当がつくはずです。

grand-river-hatch-chart

解説は以下をご覧ください。
http://flyfishontario.ca/ontario-fly-hatches/southern-ontario-hatch-charts/upper-grand-river-hatch-chart.html

私が選んだのは以下のWILLINGTON RDの18と29が交わる場所です。

uppergrandriver01

カーナビで住所を入れる必要があったので、右上のRon’s Auto Serviceの住所「8125 Wellington Road 18 RR 4 Stn Main, Fergus, ON N1M 2W5, Canada」をカーナビに入力していきました。

目印はT字路に出ている以下の看板です。

13620834_1237771609566232_7450998626266461332_n-thumb-autox666-15471

この看板の反対側に以下の看板があります。この看板の右側に獣道というか釣り人道があります。この場所が少し広いので、ここに車を止めて釣りをしました。他の方も同じようにしていました。

13627228_1237771622899564_3560102600595664354_n-thumb-500xauto-15473

釣り人が作った道はこんな感じです。

13627061_1237771689566224_494549690626614314_n-thumb-autox666-15475

狭いですw

ここを降りると以下のようなところに出ます。

13612139_1237771649566228_5853602261645773550_n-thumb-autox666-15477

釣 り人道を通って降りると、目の前に小さな島があります。その前の流れが速いシャラ瀬が一つ目のポイントです。私はここでブラウンを釣りました。ちょうど、 上の写真の真ん中にある木のところが一番良いポイントだったようです。あとから来た釣り人はすぐにそこに向かっていきました。確かに、そこは綺麗な岩が川 底にあり、目視でブラウンも見ています。私もやったのですが、全く反応がなかったので、小島のところに行き、以下のブラウンを釣りました。

13680860_1237771652899561_1589700824570116275_n-thumb-500xauto-15479

普段釣っている大きさからすると半分以下の25㎝のブラウントラウトですが、なんだか非常に満足感のあった一匹でした。 一人で知らない国で車を運転して、いろいろ調べて、工夫して釣った一匹だったので、なんだかとてもうれしかったです。

ち なみに、小島のところは小島から10メータほど先に岩があり、そこにカワウソのような生き物がいたのを見つけたのです。カワウソがいるということは、魚が いるはず!と思い、キャストをして釣りました。釣った場所は小島と岩の間に立ち、そこからシャラ瀬に向かってキャストした感じです。(写真撮っておけばよ かったです)ちなみにそこは水草も多く、根がかりも多いので、フライは多めに持って行くとよいでしょう。

今回のタックルは以下です。

ロッド:Scott Radian 906/4
リール:Hardy Ultralite 4000 DD Black
ライン:フローティング、シンキングタイプⅣ、シンキングタイプⅡ(シンキングタイプⅡが一番使い勝手が良かったです、沈みすぎず、一番良いところでフライを流してくれたと思います)

二日間と通して釣れたのが黒のマラブーの金のビーズヘッドでした。(たまたまですね)

時間があまりなかったので、一匹釣ったところで納竿しましたが、時間がある方は、いろいろ攻めても面白い場所だと思います。世界有数のブラウンのポイントとして知られる場所で、小型から大きいのは60㎝を超えるものも釣れています。とにかく自然がきれいでよかったです。

この場所はトロントの中心から120㎞ほど離れた場所ですので、仕事の合間に午前中だけ釣りに行くこともできる場所です。海外での釣りは釣れただけでも感動があるので面白いですよ。興味がる方はぜひチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 奥日光で65㎝のニジマスを釣りました。

  2. 3本のペン竿を買ってみて。やっぱり最高峰はダナイブロス。

  3. 今年も70㎝オーバーのニジマスを求めて奥日光に行きました(初日)

  4. 30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた(シーバス編)

  5. ペン竿にフライラインを接続し、シングルホールキャスティングに成功!

  6. 奥日光釣行今年2回目 5回ばらしの60㎝を筆頭に3匹の釣果w

  7. 新しいフライロッドテスト釣行

  8. 奥日光でニジマス66㎝を釣り上げる。今回も半日の夏休みでした。

人気記事

PAGE TOP