一碧湖で1mオーバーの鯉を追う。その二:ついに大物きました!!

本命のフライフィッシングでは昨年81㎝のサケを釣り、現在目標が90㎝オーバーになっています。一方でやんわり鯉釣りで1mオーバーを狙っています。前回は一碧湖で1メーターオーバーの鯉を狙ってました。

今回こそはと鯉を狙って釣りに行きました。一碧湖はメーターオーバーが釣れるといわれている湖です。もちろん他にも。メーターオーバーが釣れやすい湖はたくさんあるのですが、他のメジャーな湖はどうにも殺気立っている釣り師が多く、どうにもスマートじゃないんですよね。そういうわけで、今回も一碧湖で釣りをすることに。

一碧湖はとてもきれいな湖で、トイレも綺麗で、駐車場もばっちり。とても釣りやすい環境です。多くの釣り師はブラックバスを求めて釣りに来ますが、私だけメーターオーバーの鯉狙い。

天気は快晴ですが、風が強くあたりを取りにくい状況です。

仕掛けは、10号のオモリに鯉針の伊勢尼12号2本に、食パンをちぎって丸めたものを針先を出すようにつけるシンプルなものです。

これを20mくらい投げて、そのまま放置し、竿先に鈴をつけておくだけの簡単な仕掛けです。簡単ですが、この仕掛けはどこの池でも対外釣れます。

しばらくすると、ケタタマシクなる鈴の音!

竿立てをなぎ倒す勢いで、竿が引っ張られ、ついに竿が湖に引きづり込まれていきます。

「来たー!」とばかりに、駆け寄り、釣り吉三平ばりに、湖にダイビング。竿を拾い上げ、「オッシャー!」と大きく合わせると、
「グーン!」と大きく竿がしなり、「やったね」と思った瞬間に、ラインブレイク。

鯉釣りは小学校のころからやってますが、生まれて初めての重戦車のような強い引きでした。恐らく1メーターくらいはあったのではないでしょうか。(あくまで予想w 逃がした魚は大きい!)

13151992_1192084204134973_197405315046115490_n-thumb-autox400-14026

当然ずぶ濡れの私。天日で乾かして、その後、何度か小さなあたりがあるものも全て外し、釣れるのは亀ばかりという状況でした。

残念。

その後、おぼれている亀を発見。足のところに釣りの重りらしいものが絡まっていて、もがいてももがいても、状況が悪くなるばかりでした。釣り人としてこれはほっておけない!となり、その日2回目の湖へ立ち込むことに。 たまたまフライ用のウェーダーと、SAGEのロングロッドを持って居たので、立ち込んで救出へ。あと少しのところで、亀をひっかけられそうだったのですが、なかなか助けられませんでした。そうこうしているうちに、湖は亀の救出劇を見守るギャラリーがけっこう集まってました。 私が助けられずにいると、もう一人の釣り人が、胸までたち込み、亀を救出!

13177275_1192084197468307_8851120008625882407_n-thumb-autox400-14028

亀の口には釣り針が!、その先には鯉釣り用のオモリが! しかもその重りは私が使っているのと同じ。

恐らく、私の仕掛けが切れたのが水中に沈み、それを食べた亀が針にかかってしまったのだと思います。

ごめんなさい。

亀は息継ぎをしようと水面に上がろうと思ったら重りが重くて上に上がれず、おぼれてしまったのだと思います。

無事救出されて、針も外された亀は、一目散に水中に走ってかえりました。

めでたしめでたし。(めでたしじゃない!! ごめんなさい、、)

気が付けば夕方になり、かたずけをしていたら、亀が水面から顔を出してこっちを見ているのに気が付きました。結構長い間見ていた亀は、お礼を言いたかったのかもしれません、、が、、ごめんなさいという感じでした。釣った魚を食べるならいざ知らず、趣味の釣りで、危うく亀を殺すところでした。ごめんなさい。

バーブレスフックにしておけば、今回と同じような状況になったとしても、魚や亀は自分で外せます。今後は鯉釣りもバーブレスフックで釣るようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 今年二回目の奥日光菅沼 48㎝を筆頭に3時間で4匹でした。

  2. 奥日光で67㎝のニジマスをフライフィッシングで釣りました。

  3. 大物イトウを初心者が釣る方法

  4. 木崎湖で幻の木崎マスを追いかける 3回目 またも撃沈

  5. 今年2回目の奥日光釣行で66.5㎝のニジマスを釣る

  6. 今年も70㎝オーバーのニジマスを求めて奥日光に行きました(初日)

  7. ペン型ロッド(ペン竿)にフライリールを装着し、キャスティングしてみた

  8. 奥日光で65㎝のニジマスを釣りました。

人気記事

PAGE TOP