超高級な偏光眼鏡になってしまいました。

先日、誕生日プレゼントに眼鏡を頂きました。そのままPC用の眼鏡としても使ってもよいのですが、かなり前に無くしてしまった釣り用の偏光眼鏡に改造することに。

ブルガリのフレームのレンズを変更できるのはどこでもできるというわけではないので、取扱ショップに行き、レンズを交換することに。

最初に出てきたのは8万円近い偏光レンズで、説明からしてかなりすごい感じ。眼鏡をかけたことがあまりないので、8万円のレンズが高いかも安いかもわからないのですが、自分的にはかなり高く感じています。ただいま、学費重圧を受けている真っ最中ですので、当然買えず、もうちょっと安いのないですか?といって出てきたのが3万5千円のレンズ。 釣り用の偏光グラスは数千円が相場で、3万円もしたらかなり高級な感じです。「うーむ。ブルガリのフレームは多分4万円くらいだろうし、合わせて7万5千円かぁ。随分高い偏光グラスだなぁ。」と思いつつ、えーい買ってしまえ!とばかりに買うことに。

どうにも、釣り道具には財布のひもが緩いのです。

7万5千円の偏光グラスをなくしては大変ということで、眼鏡が落ちないようなストラップも買うことに。

「おっいいじゃん!」と思い、値段を見ずに「これ下さい」といったところ、「1万円です。」「あっそうなの。宜しくお願いいたします。」と買うことに。

なんでもビンテージビーズのいいものらしいです。実際に綺麗なストラップであるには変わらないのですが。。。合わせて8万5千円の偏光グラスにww

私がやるフライフィッシングは美学が大事!と思っているので、美しく釣るつもり。そのアイテムとしては、、、まぁいいか!

これをエネルギーに働いて働いて働きます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 今年こそ70㎝オーバーのニジマスを釣るべく今年も奥日光に行きます

  2. やばいなぁ50㎝オーバーのニジマスを釣ってもグッと来なくなりました

  3. Fly Fishing 2006

  4. フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  5. 半日だけの夏休み:日光で64.5cmのニジマスをつりました

  6. ペン型ロッド(ペン竿)にフライリールを装着し、キャスティングしてみた

  7. 木崎マスを追う

  8. 奥日光釣行今年2回目 5回ばらしの60㎝を筆頭に3匹の釣果w

人気記事

PAGE TOP