琵琶湖固有種「琵琶鱒(ビワマス)」初挑戦で50㎝オーバーを釣る

「飛び石で出張があり、3日で2往復しなければならない」と、嫁に話したところ、たまにはのんびりしてきたら?という話になり、中日を琵琶湖で過ごすことになりました。

琵琶湖で過ごすとくれば、フィッシャーマンな私としては琵琶湖固有種「琵琶鱒(ビワマス)」を狙うしかないでしょう!ということで、さっそく船をチャーターし、当日を迎えることに。

※鱒屋(琵琶マスのレイクトローリング)
http://www.kiroworld.co.jp/biwamasu/index.html

チャーターした船は鱒屋というそれなりに名前が知られているらしいところにしました。
4時間で道具も貸してくれて2万5千円。ちなみに二人で行っても二人で2万5千のようですw

宿泊場所が近くにないので、近江今津のホテル可以登に宿泊することに。
当日7時15分に鱒屋の大将 品川さんがホテルまで迎えに来てくれて、鱒屋で出銑届を済ませ、8時ごろ出船。
dsc_4136_2

出向すると目の前に広がる海のような湖。
三月中旬の琵琶湖はとても寒いです。。
(用意した防寒具では足りず、結局借りることに。助かりました!)
dsc_4139

トローリングは時速3㎞位のスピードでゆっくりひきます。
深さをばらしながら6本のルアーを流します。
dsc_4147

船長は品川大将の先輩フィッシャーマンの方。
呉服屋の社長を引退し、世界中を釣り歩いた、ベテラン・フィッシャーマン。
フライ経験者で、ニュージーやニューヨーク、カナダも釣り歩いたそうです。
今は引退しながら釣りのガイドをして悠々自適で暮らしているそうです。
いいなぁ、そういう人生にあこがれます。

最初の一尾が釣れる!
記念すべき1尾目はかわいいビワマス。
ビワマスの特徴は背中に黒くて大きな斑点があるところです。
また、周囲の色に合わせて体色を変えるのも特徴です。
dsc_4150

白いイケスに入れると銀色になります。

その後何度もヒットするも針かかりが浅く、結局釣れず、
最終的には4匹釣れました。
biwamasu001

一番大きいのが下の写真の50㎝のビワマスです。
この時期にしては大きいそうです。
ハイシーズンは4月下旬から5月だそうです。
ある程度の人数でいくとお得感があるので、家族で行くの良いかもしれません。
(日差しが強いので、日差し対策も万全がいいです)
biwamasu002

※鱒屋さんのブログに載せてもらいました。
http://ameblo.jp/masuya5/entry-11492793114.html

確実に釣るならガイド同行(チャーター)がいいです。
道具も全部用意してくれるので、お弁当と飲み物と防寒具、日焼け対策、カメラがあれば完璧です。

ちなみに、午後からは単独で琵琶湖でフライ竿を振り回していましたが、新しいフライ竿を振り回していただけに終わりました。残念!
dsc_4203

その後、近くの川魚料理屋さんでウナギカツを食べました。
dsc_4219
(左:ウナギカツ、右:ミニうな丼)

味は好き嫌いがあるかなという感じでした。
普通のウナギかば焼きのほうがおいしかったかもw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 奥日光釣行、今年最後は60㎝オーバー2匹の絶好調で終了

  2. 奥日光でニジマス66㎝を釣り上げる。今回も半日の夏休みでした。

  3. 子供にも大物を:豊洲のシーバス

  4. キター!中禅寺湖で80㎝のレイクトラウト! 火が付きました。

  5. 30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた

  6. トロントでのフライフィッシング 1日目

  7. 紅葉の中、独り釣り糸を垂れる

  8. カナダでキングサーモンを釣る。オンタリオ湖現時点最高記録29.5ポンド(約1メーター)も釣れる

人気記事

PAGE TOP