Fly Fishing 2012

‘12.09.10
62cm

7年追いかけたニジマス50㎝オーバーを去年達成し64.5㎝を釣り、今年から70㎝を目標にしています。
今年は目標にあと4㎝に迫る66㎝を釣りました。

今年はもう一回行こうと9月3日に奥日光の沼に行ってきました。

相変わらず美しい沼です。それもそのはず、ここはほとんどが立ち入り禁止の沼で、陸からの釣りも禁止なので、ゴミがありません。水もき れいで、沼の底が見えます。沼の底は一面モスグリーンで、魚が泳いでいるのがボートからも見えます。人工物がほぼない場所なのです。1年間に釣ることがで きる人数も決まっているので、本当にきれいな沼です。ドラマの撮影もたまに行われる素敵な場所です。そんな場所で釣りができるなんてとても幸せです。

さて、この日は晴天で、日差しも強く、本当に釣りにくい状況でした。景色はきれいなのですけど、、ね。

黙々と竿を振る私。

ポツポツと小さなあたりがあるも、合わせきれず、ひたすらそのタイミングを待つ。

「まぁ、小物を釣りに来たわけではないので、いいかな」

と、負け惜しみを言ってみたり。 このままでは実際に大物が来た時も合わせられない可能性も大。
いろいろ仕掛けを変えてみて、ようやく1匹目を釣り上げました。30㎝の美しいニジマス。

話はそれますが、この沼で大物を釣れるかどうかは、得てして飛距離が大事だと思います。
そして、岡からの釣りが禁止されていて、ほとんど人 が来ないので、大物が岸にいる可能性は結構高いです。沼の沖から岸際に向かってフライで遠投して釣るのが一番だと思います。50㎝オーバーはすべてこのパ ターンです。フライのあたりパターンは、その時によってまちまちですね。周りを見てみると、ルアーではだめですね。着水音が静かなフライが一番だと思いま す。フライの遠投は一般的には難しいですが、ボートからの遠投は周りの障害物が一切ないので、慣れると楽です。飛距離もフルラインではなく、 25m~30m位で十分です。

さて、話は戻って、来ました今日一の大物が!

62㎝!!やりました。今回は大きなあたりはなく、フライがふっと消える感じで、違和感があったので、からあわせしてみたところ、ガツ ンとあたりがありました。ラインがジャンジャン出ていき、ボートの周りをぐるぐる回り、いつまでたっても浮かんできません。ラインは4xを使っているの で、十分太いのですが、大物は歯が鋭いので、簡単にラインが切れてしまいます。慎重にやり取りを続け、5分ほどかかって、釣り上げました。

70㎝には遠く及びませんが、自分的には満足です。
満足した途端、仕事が気になり、また、、、
仕事が滞っているので、11時に切り上げて帰路へ。

今は40肩で遠投が厳しいですが、来年はきっちり直して、バンバン遠投し、70㎝オーバー狙います。
来年に向けてリハビリ・リハビリ。


‘12.09.04
66cm

昨年、7年間50㎝オーバーのニジマスを追いかけてついに64.5㎝のニジマスを釣り上げました。
※昨年の模様はこちらをご覧ください。

目標達成感から、しばらくフライフィッシングはやらないかなと思っていたのですが、60㎝オーバーを達成したのなら次は70㎝オーバーを狙おう!ということになり、今年から70㎝オーバーを目標に頑張りますwww

釣り場所はホームグラウンドの奥日光菅沼です。

菅沼はこんな感じの美しい沼です。東京からはなんだかんだ言って車で片道4時間ほどかかります。そういうこともあって、今回は前日に仙台で開催された被災地向け特別試験のついでに寄ってきました。

当日はピーカンで、ものすごく暑く、あまり釣りには向かない感じです。朝から全くあたりがなく、静かに竿を振る私。釣りは釣れなくても楽しいのが不思議です。木々のせせらぎと風の音だけが聞こえる神聖な空間。とても気持ちがいいです。

10時を回ったころ、、いきなり、もの凄い勢いでラインがビューと持って行かれました。沖のほうに向かって一直線に向かって走るライン。ラインはど んどん出て行って止まる気配がない感じ。「いきなり70㎝オーバー来たカモ!」と思っていたら、ラインが引っかかって、ラインブレイク。へたり込む私。

しかし、あたりのパターンがわかったので、あとは同じ攻め方でいくのみ!へたり込んでいる場合ではないのです。ガゼン気合が入ったこともあり、キャ スティングも好調になり、振る度にラインが美しく伸びていきます。釣果も上がり始めました。 48㎝、30㎝オーバー3匹、そして58㎝とよい調子。調子 が出てくると仕事が気に始まり、お昼を回ったころ、あと1匹釣って帰ることに。まぁ、58㎝が釣れたので、今日は満足満足。

岸には観光に来ているカップルがいて、椅子に座ってくつろいでいる。私もたまたま岸に近いところにボートを接けていました。そこで、たまたま、岸際でライズしたニジマスがいたので、目の前で釣ってカップルのちょっとした思い出に花を添えようかと、キャスティング。

「ボシャッ」(大物は水の音も違います)と音がした途端、ラインが一気に横に走る。「ねぇ、いま釣れたよ」「結構大きそうだね」とカップル。「結構大きいってもんじゃないよ、間違えなく超大物だよ」と私の心の中。

9ftの湖用の硬めの竿がしなり、魚が全然あがってこない。ラインがギュンギュンと音をたてながら右へ左へ。「思い出ができたのは私のどうでした ね」と心の中の私。とにかく重い。腕がだるくなってくるほどの魚との綱引きを行い、ようやく上がってきた銀色の魚体は貫禄がある鮭のような感じ。タモ網で すくうも、入りきらず、弾みをつけてタモ網に引っ掛ける感じでボートに引き上げる。

写真に写すと、どうしてもずれてしまいますが、実測で66㎝。去年より1.5㎝更新。目標まであと4㎝。もしかしたら、今年もう一回行くかもしれません。

菅沼の攻略方法は、かなりマスターしたかも知れません。ボート小屋の人の日記には70㎝オーバーが上がったとの記載がー。私も70㎝オーバーを釣りあげたい。ここでならつれそうな気がする。

何の意味があるのかって?

意味なんてないです、ただフライフィッシングが楽しいんです。
細い繊細な仕掛けで美しく大物を釣る湖のフライフィッシングがとても好きなのです。

ちなみに、私の釣り方は結構過酷な感じです。
朝一にボートに乗ったら、その後はトイレにもご飯にもいかず、水分を極力とらずに、おにぎりだ けで、1日ボートに乗ってます。周りをよく観察し、いろいろ考えて自己流でこんな感じはどうかな。といろいろやってます。なので、友達とワイワイ行く感じ ではないですね。真面目に魚と勝負をしに行きます。その一人の空間が楽しいのです。

さて、釣りは14時に切り上げたあと、いつもの足湯で休憩し、家族へのお土産を買って帰宅。帰りは大渋滞にあったので、高速を途中下車してそのままファミレスで5時間仕事して深夜1時に帰宅。仕事も釣りも充実した一日でした。

‘12.06.23
今日もリハビリに
フィッシュオン王禅寺に行く。

この調子で続ければ、
8月には実戦に行けそうだ。
釣果4匹

‘12.06.16
今日もリハビリに
フィッシュオン王禅寺に行く。

さらに竿が触れるようになった。

釣果3匹

‘12.06.09
100回目の釣行

負傷により四十肩になり、そのリハビリに
フィッシュオン王禅寺に行く。

思ったより竿が触れるようだ。

釣果5匹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 第二回フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  2. フライフィッシング・ライフ計画を立ててみる

  3. 30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた(シーバス編)

  4. 今年こそ70㎝オーバーのニジマスを釣るべく今年も奥日光に行きます

  5. 奥日光で65㎝のニジマスを釣りました。

  6. キター!中禅寺湖で80㎝のレイクトラウト! 火が付きました。

  7. フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  8. 春休み、釣り大会!

人気記事

PAGE TOP