日光菅沼でオール40cmオーバーでニジマス5匹の釣果(フライフィッシング)

先日、起業後、ようやくまともなお休みを頂きました。
お休みをいただいて、奥日光の菅沼にフライフィッシングに行ってきました。

この沼は普段は釣り人が入れない聖域でして、2年に一回数日間だけ、釣り人が立ち入ることが許された場所なのです。そういうこともあり、魚影が濃く、またすれていないので、コツをつかむとかなり大きいサイズのニジマスがかなり釣れます。この日も45cmを筆頭に全て40cmオーバーのニジマスを5匹釣り上げ、たぶん50cmを超えている大型の魚を2匹のがしましたww

ただ、コツをはずすと、まったく釣れないのがこの場所の難しさです。
当日も釣れた人と釣れなかった人の差が結構あったように思えます。

ちなみに、来年は菅沼は立ち入り禁止ですが、隣の大尻沼は交互に解禁されるので、来年は尾尻沼がチャンスです。なお、詳しくは公には公開されていないこともあるので、4月下旬ごろに下記に連絡すると確実です。

http://mokumoku.izakamakura.com/Sugenuma/index/sugenumacamp.html

さて、当日ですが午前3時過ぎに家を出て、奥日光の菅沼には7時30分に到着。
受付でチェックを済ませる(バーブレスフックを使用しているかどうかのチェック)といざ、沼へ。

受付のおじさんからは「今日は断トツでドライだよ」とアドバイスを頂き、茶色のパラシュートで第一投目を投げる。着水と同時にゴポッと言う水音が。同時に合わせフッキングに成功。

そう言えば、初めてこの沼に来た時も一投目から48cmのニジマスをあげたっけ。などと思い返していると、ラインがどんどん出ていき、ものすごいパワーで走られてしまった。こっこれはどう見ても50オーバーは間違いなし!と思った時にラインブレイク。。。。。おしくも釣り上げることができませんでした。ホント、まだまだ未熟です。

その後数回投げるも、反応なし。。。。

思い切って、今まで実績があまりなかったドライフライに切り替えると、とたんに水面から飛び出すように大きく赤黒いニジマスの魚体が、「うっこれもでかい!」と思わず焦ってしまい、フッキングできず。

。。(もう何も言うことはありません)

こんな感じで、午前中は1匹も釣り上げることもできず、午前中は終了。

このまま坊主ではまずいので、何とか1匹を釣り上げようと、軟弱にもエッグに手を出してしまいました。

色を数色変えて、最後に残ったのは白のエッグ。これは過去に実績が0のフライで、まるでフライボックスの飾りの用になってしまっているフライ。しかし、最後のこのフライにあたりがありました。

fly20100915

白のエッグに変えた途端、45cmのニジマスを筆頭に合計5匹のニジマスを立て続けに釣り上げ、結局のその日はオール40UPの一日でした。教訓としては何でもやってみることということでしょうか?

15時ごろからすごい霧になってきて、視界がほぼ0になってしまったので、今年最初の実践フライはと途中で切り上げました。途中で切り上げましたが、とてもよい一日でした。

fly2010091503

ちなみに、上記は帰り際に、菅沼を写した写真ですが、もう水辺なんて全く見えないですよね。ものすごい霧でした。

仕事を忘れて、大自然の中で風の音に包まれながら、釣り糸を垂れるぜいたくさは格別です。20年30年と続けたい趣味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. 66㎝のニジマスを奥日光某湖で釣りました~(o^-‘)b 

  2. フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  3. 奥日光釣行今年2回目 5回ばらしの60㎝を筆頭に3匹の釣果w

  4. 第二回フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  5. ついに、サケ釣り用のSageの竿とリールを買いました。

  6. 徹夜明けの釣り

  7. Fly Fishing 2012

  8. 紅葉の中、独り釣り糸を垂れる

人気記事

PAGE TOP