木崎マスを追う

20090504_ff0012ゴールデンウィークを利用して、長野県の木崎湖に木崎マスを釣りに行く。木崎マスとはヤマメとアマゴの自然交配により生まれるマスの一種です。長い間、隔離された木崎湖で生息することにより、銀化し、オレンジ色のパーマークはありません。身は赤身で、よく脂がのっており、食べるとおいしいそうです。最大で60cmに成長するそうです。

木崎湖は長野県屈指の透明度があり、さらに先日、53cmの木崎マスが釣れたと聞けば、湖好きな私としてはフライフィッシングに行かねば!!となり、家族を置いて、釣りに行くことに。

木崎マスの生態としては、回遊性が強く、春~初夏は接岸し、それ以外は沖合に居るそうで、常に15m以上の深さがある場所の水深10mくらいのところを泳いでいるとのこと。ボートにはほぼ標準で魚群探知機がついており、魚群探知機で木崎マスを探して釣るとのこと。

農具川の流れ込みと、海の口キャンプ場前が比較的によいとのことで、その付近で、魚群探とりあえず、フライを10mも沈めなければならないので、シンキングラインに邪道ながらもガン玉をつけて(私はせっかちなので、ゆっくり沈むのが待てません!!)、ロングキャスティング!

湖のフライフィッシングは釣れる魚の大きさも魅力ですが、周囲を気にせずにロングキャスティングができるのが気持ちいいですね!(誰も共感できないかな!?)

透明度が高いきれいな水に綺麗な魚、そして、自然に溶け込むように静かに釣ることができるフライフィッシングが何と言ってもおしゃれだなぁといつも思います。

フライフィッシングは一応技術と読みが必要なので、それもまた好きな要素です。
自分の読みが当たると結構気持ちがいいですしね。

そういう意味では、木崎湖釣行での読みは見事に外れましたがw

結局、朝から晩までロッドを振っていましたが、結果はあたり一つなく、完敗でした。
さすが、幻の魚(と、真面目に呼ばれてます)、木崎マス。

もっとゾンカー系(小魚風のフライ)を持っていけば、なんとかなったかも!?

最後に木崎マスはルアーで狙う人が多いとのこと。木崎マスを狙う方は、ルアーのほうがいいかもしれません。

「俺は、フライマン(ハエ男ではありませんw)!」というかたは、是非フライで狙ってみてください。

そして、フライで釣った方は是非、その釣り方を教えてくださいね!

いつかきっとリベンジしようと思います。

それまでは、ホームグランドの日光で腕を磨こうかな。
(50cmオーバーの目標もあと2cmで止まったままだし、そっちの目標も達成しなければ!!)

それでは今日はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

  1. Fly Fishing 2009

  2. 私と息子は湖で釣りに、妻はコーヒーを沸かしハンモックで読書、娘は写生という絵にかいたような幸せを実現…

  3. 新しいフライロッドテスト釣行

  4. とうとう鮭釣りデビューが決まりました

  5. 66㎝のニジマスを奥日光某湖で釣りました~(o^-‘)b 

  6. 河口湖に釣りに行ってきました。河口湖で将来の夢をはせるw

  7. 第二回フライフィッシングの聖地「中禅寺湖」でレイクトラウトに挑戦

  8. 3本のペン竿を買ってみて。やっぱり最高峰はダナイブロス。

人気記事

PAGE TOP